トップ世界観STORY

BNSの世界観

第1章. 濁氣で覆われた世界


世の中は元々人と獣, そして妖怪, 全てが交わって暮していた. ある日, 邪悪なオーラを封じ込めた濁氣が世界中を覆いつくし,
混沌が始まった. 昼夜は変化し, 海は渦巻き, 地は割れ, 山河は捻じれた. 妖怪は非道となり、人や獣は魔物になり暴れ狂った.

2011_0725_bsworld_ss1.jpg


邪悪な武林固守たちは濁氣を利用して魔術を積み邪悪な魔皇となり強豪達を殺した. 結局, 濁氣の源である魔界の門が開かれ,
魔のエネルギーと彼らの魔族があふれ出した. これ以上事を見ていられなかった, 神界の神仙たちは武林固守たちを集めて, 信託を下した.
仙界の信託を受けた武林固守たちは, 世の中から濁氣を追い出すという使命を帯びて, 妖怪と魔物, 司馬外道たちを退け, 悪の一党たちに対立して争った.

2011_0725_bsworld_ss2.jpg
ついに彼らはを濁氣追い出し、魔皇と魔族を封印した。世界は再び平和の運気が巡り始めた.

第2章. 雲の国と風の帝国


すべてが伝説となって忘れられた頃, 世界は二つの国が中原をわけるようになった.一つは,
長い歴史を誇る 千年王国・雲の国. もう一つは, 新たに登場した 軍事大国・風の帝国.

2011_0725_bsworld_ss3.jpg

雲の国はかつて, 四大陸の中原を平定し, 太平聖代を成した強盛な国であった. しかし, 今では皇室の統治制政治で日々国運が傾き

民の不満が頂点に達する。雲の国の暴政に反旗を翻した将軍は東方大陸に風の帝国建設, その中に雲の国から弾圧を受けていた種族と連合して対立している.

2011_0725_bsworld_ss4.jpg


一方、西側の大陸はずっと前に消えたと思われていたが, そこに濁氣があらわれた。瞬く間にそこは自然が破壊され, 全ての生命は殺されるか

魔物に変わりはて死の地となった. 人々はそこをソラク(雪獄)と呼んで一切の往来を避けた. ソラクを中心に広がっていった濁氣は, 北方の大陸に修羅の道作り, &br;

南方の雲の国, 東方の風の帝国へと徐々に勢力を伸ばし始めた.

第3章. 塗墨に陥った民

2011_0725_bsworld_ss5.jpg


中原の民は辛い生活を送っていた. 「風ノ帝国戦争」で生活の基盤は荒廃し, 皇室の統治政政治と官僚たちの不正, 官軍の横暴は日々激しくなった.
さらに緑林, 中山(충각단)、司馬校など極悪非道な黒道の輩まで加勢して地下組織を作り, 民心を荒らし苦しめた.

2011_0725_bsworld_ss6.jpg
さらに悪いことに, 濁氣が魔物の群れを横行させ, 大気を汚す魔術を掛け, 人間や動物が魔物と化し, 人々を恐怖へと陥れた.

第4章. 武林猛の結成と魂千校の登場


このような乱世を平定するために、門派を自ら要望する武林の諍いが各地で憤然と起きた. しかし, 乱世を克服するには力不足であった.
これらは各門派の利害得失を捨てて一つの勢力として協力し強大な力を出す必要性を感じていた, 各門派を召喚し武林猛を結成した

2011_0725_bsworld_ss7.jpg
門派の勢力が武林猛で強い勢力をふるうようになった頃, 邪悪な武林固守たちは危機感を感じ勢力を挽回する必要性を感じていた.


日の当たらない陰ノ地で, 長年命脈と続いてきた魂千校の門派は, 皆が平等な渾天儀の世界が到来するという教義を説いて民の支持を得ていた.
悪名だけが取り柄な邪派の武林固守たちは, 魂千校の門派達を渾天儀の名の下に集め始めた.

2011_0725_bsworld_ss8.jpg


両者は両立することができないため, 邪派な武林固守は叛逆を説き民心を撹乱させた. 魂千校で規定して武林の秩序を取り戻そうと漠然と刀を抜いて説いた.

長年の歳月, 門派の弾圧を受けてきた魂千校と武林固守たちも新しい世を作るという大義を夢見て武林猛に対立した.

2011_0725_bsworld_ss9.jpg
天下を二分する武林猛と魂千校の対立で世はますます混乱の政局へと陥った.

第5章. ジンソヨン(진서연)の登場

このような乱世の中で黒い服を着た女性が竹の村の海岸で無一封を眺めていた. まるで待っているかのように, 彼女の腕に一羽の伝書鳩が舞い降りた.
“今日の朝, 煎じ薬に手紙を書いておいた. ホンムンは必ず渡す必要があります. お待ちしておりました.”


伝書鳩を肩にのせ, 書札を読む彼女の顔に何の表情もない. まるですべてが予定されていたかのように淡々とし迷いのない動きで仲間たちの足を導いた.

同朋のユランとゴゴブンは武器についた血を拭いながら彼女の後に続いていた. この周辺には短剣と撤退により無残に殺された死体がずらりと散らばっていた. &br;

運悪くこの一行と出くわした, 竹の村の自警団だった.|

2011_0725_bsworld_ss11.jpg


黒い服の女性はジンソヨン. 彼女が通り過ぎるところには, 墨絵の剣技が咲き上がり身体だけが残っていた. まるで過去の濁氣のように殺された武人たちのように...
彼女はこの混乱の中で悠々と足並みをそろえて南方大陸の地の果てに位置する竹の村まで辿り着いた. そして最後の目的地が無一封であるかのように, しばらく見つめた後,
肩に乗っていた伝書鳩がバタバタと飛び立った. 黒煙の後だけが残っているだけで, ジンソヨンとその仲間の姿はもう見えなかった.

一方, 乱世の荒波が近い, 無一封の紅門派の人々は今日も師匠の指導の下, 自然を愛し熱心に武功を鍛練していた.
しかし、ジンソヨンがもたらす運命を暗示するかのように, 無一封の周辺には暗黒の嵐が徐々に集まり始めていた...

コメント

コメントはありません。 コメント/世界観STORY

スポンサードリンク

  




当サイトについて

当wikiは、株式会社NC SOFTが運営する「ブレイドアンドソウル -Blade&Soul-」の攻略情報Wikiです。
最新のID攻略情報からクエスト関連情報、初心者向け攻略ガイドまで、様々な攻略情報を幅広く掲載しております。
ユーザの皆様のご協力により情報更新・編集を行っております。
どなたでも自由に編集や修正が出来ますのでご協力よろしくお願いします。
詳しい編集方法はこちらを参考にしてください。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-15 (水) 20:48:06 (709d)